2011年09月一覧

レノボ大和事業所見学会に行ってきました-試験施設(その2)

試験施設と言っても大和事業所から持ってきた資材がほとんどですので
そっちの紹介をしても代わり映えしないでしょう
大和事業所との違いや個人的に新鮮だと感じたものなどを中心に紹介していきます

大和研究所はみなとみらいセンタービルの1,2,20,21階にあり
20,21階がオフィス、1,2階が試験施設があるそうです
元々飲食店などが入る予定だったらしいですがお願いして入れてもらったんだとか

訂正:試験施設の階が間違って書かれてました、1,2階でした
レノボ・ジャパン、みなとみらい21地区に 研究開発拠点「大和事業所」を移転
オフィス・実験室: 20階、21階
大型実験施設: 2階、1階(一部)

その名残かは判りませんが、2階は一般人も入れるような作りになっています
(但し壁にデカデカとLenovoの文字)
気になるのがセキュリティについて、大和事業所から要所要所で非接触式のカードの扉がありましたが
大和研究所ではカードキー+2重扉になっていてセキュリティには気を遣っているようです

試験施設のある部屋は若干狭く
大和事業所のほど広くはありません。
また施設を全部持ってこれたわけではないようで
床以外から音が反響しない半無反響室(うろ覚え)は小さく作り直したとか
「小さくても性能は以前と同じかそれ以上」(原文ママ)
他にも高さが相当ある部屋(おそらく残響試験室)もさすがに持ってこれなかったとか

試験機器の名前について
嘘か誠かよく分からんところもあるのですが、どうやら愛称がついているようです
以前の記事でも取り上げましたがザク、ゴエモン、百式など趣味丸出しなものばかり
今回判明(?)したものはストライク、フリーダム、アームズなど

結局試験内容に触れないまま試験施設編終了のお知らせ
思い出したら書き足します


レノボ大和事業所見学会に行ってきました-走り書き(その1)

大きな話題のためニュースサイトなどからご存じの方が大半かと思いますが
LenovoはThinkPadの開発拠点を今年の1月にIBM大和事業所から
みなとみらいセンタービル、レノボ横浜事業所のレノボ大和研究所へ移転しました。

写真は(おそらく)Think Spaceという歴代のThinkPadが展示してある所を外部から撮影したものです。

運良く見学ツアーに行くことができましたので、その簡易レポです。
プレス向けやブロガー向けではなかったので例によって写真撮影禁止でした
また文字だらけの記事になりそうです。
引っ越した先なのでIBM大和事業所見学ツアーの記事と内容が多々重複します。

今回のツアーは以下のような流れでした

  • ThinkPadインサイドストーリー
  • ThinkVantage Technology
  • デザインの取り組み
  • 試験施設見学
  • フリートーク

全体的な流れはIBM大和事業所のツアーと同じで、ThinkPadやTVTの説明の後に施設見学という流れでした。
ThinkPadの説明は皆さんのご存じの通りフクロウファン、猫の肉球ゴム足、アメリカ大学生の話など恒例のものでした。

TVTの項目ですが、以前にVoIP関連の機能でキーボードの音がマイクに入ったときマイク音量を下げる
というものを聞いていましたが、いつの間にかバージョンアップし
キーボード音そのものを除去したり、マイクを二個搭載することで指向性を持たせたり
逆に広範囲をカバー、さらに1~2メートルほど離れてる音声は増幅させるなど
知らなかった機能、気づいたらバージョンアップしていたものなどがありました。

TVTに関して「”こんな機能があるならどうしてアピールしない”とお叱りを受けた」や
「社員でも知らない人がいる」という中の人のお言葉があったり。

TVTに関しての質疑応答では

  • 以前にLinux搭載のThinkPadが販売されたがその際にTVTはどういう扱いだったのか
    →流行ると思ってLinux搭載モデルを出した、あんまり流行らなかった。
    TVTはパワーマネジメントとネットワーク関連を積んだ、最近では(Linux関連は)出していない。
  • ThinkPad TabletではTVTは搭載されるのか
    →全部は搭載していない、まだ一部のみ。開発が追いついていない。

ThinkPad Tablet関連の話題として、まだ実機は触らせてもらえないんだとか
「ペンの使い心地は良かったですよ」とは中の人の談

できれば昨日のうちに投稿したかったのですが・・・今日はこの辺で、続きはまた後日

 


スポンサーリンク
WPC-336 x 280
WPC-336 x 280