未分類一覧

TDU CTF 2014に行ってきた

初心者向けCTFとして開催されたTDU CTFにお邪魔してきました.
【学内者初心者向けCTF】TDU CTF

非常に楽しかったです.運営された方々への感謝の気持ちでいっぱいです.
本当にいい勉強になりました.
勝手に想像すると,大きなサーバートラブルなどなく,遅延もなく開始された所から,念入りに準備を行っていたのだろうなあと思います.

問題はかなりの数が用意されていてかなりボリュームがありました.
以下解けたもの(問題と名前メモ忘れのため一部変)

・kotori.pdf
中の人の趣味丸出し問題.
与えられたpdfを開くと秋葉原の伝説メイドことミナリンスキーさんが登場.
なんとなく「下に文字隠れてるだろう」と思ってドラッグしたら正解.
ヨキニハカラエミナノシュー
kotori

・負け戦
exeを起動すると理不尽な戦いを挑まれます.
勝てばフラグが出そうだったので,メモリ操作の定番「スペシャルねこまんま57号」で敵のHPを検索&書き換えで,勝利&フラグ出現.
makeikusa

・flag.zip
問題zipの中を見るとこんな感じ
flagzip
このxml+ディレクトリの構成は見覚えがあります.
MS Officeの新形式の*xの奴です.拡張子を変えれば閲覧可能,そこにフラグがありました.
もしくはfileコマンドでも”Microsoft Word 2007+”と判別されるのでわかります.

・我が同胞に告ぐ
問題は”avia hhlam li as li ii llaem xiwe hhiso lllasom”
最初は「置換暗号かな?」と思ったのですが,キーボードでなぞってみるとやたらと打ちやすい.
また「スペースは空白ではない」,「スタッフの方がやたらとvimを推し」で,まさかと思いvim起動して打ち込んでみると・・・vimissoawesome

・2014-0160
問題文は「今年で最も<<ド忘れ>>な脆弱性」,それとURLが与えられました.
最初はBashのShellShockかと思って攻撃しましたが,どうやら違うらしい.
ただ検索して目に付いたのは共通脆弱性識別子,ShellShockはCVE-2014-6271(とそれ以降の複数)が割り当てられてるらしい,アレこれ問題タイトルのフォーマットじゃね?
そう思ってCVE-2014-0160を調べるとかの有名なOpenSSLのHeartbleedでした.

というわけで,与えられたURLへHeartbleedを突くと以下のデータが得られました.
hbdump
ここで詰まってたのですが,スタッフさんからのヒントで,末尾の=とか.
あぁなるほど,どれも英数記号ばっかだし末尾=と来ればBASE64エンコーディングですね,
というわけでデコードしました.
hbdec
おぉJFIF,Exif,ビットマップ表示もぐちゃぐちゃで圧縮ファイルっぽい,
ドトメにpaint.net,これはどう見ても画像ファイル・・・
というわけでビュワーで開いたらフラグが書いてありました.

Ranking
#     Name     Score
1    elzup    1739
2    あると    1689
3    weststars_    1589
4    nanto    1439
5    BOXP    1339
6    yumesuzuri    1219
7    はわわ    1119
8    muni    939
9    reirin    889
10    yukky_401    799
PlaneTextで保存してました.
なんと3位に入ることができ,うれしい限りです.
この結果に一喜一憂しながら今後も頑張っていきたいと思います.

(あまりにも恥ずかしい)反省点
・presentbox.imgをLinuxでマウントしようと苦戦し,マウントできても削除されたファイルの復元で四苦八苦したが,Windowsからツール使えばすぐだったらしい.
・VCランタイム入れておらず,exeの一部が実行できず,「またややこしい問題が・・」と勘違いして飛ばしてしまった.
・nmapのポートスキャンを間違えてWellKownPortしか行わず,フラグにたどり着けなかった.


Cardboardを作って使って感じたことまとめ

皆さんもご存じの通り先日のGoogleI/OでAndroidスマホをベースにしたHMDことCardBoardが発表されました.
以前に私はOculusRiftを試し,その没入感に感動し,この手のHMDの製品化を心待ちにしてる,という背景があります.
そこで似たようなHMDことCardBoardが発表され,手作り可能とあれば試さない手は無い,ということで作って使って感じたことをまとめます.

  • 作る
    • 材料
      • ダンボール:Amazonダンボール
      • レンズ:焦点距離40mm程度の両凸レンズ(後述)
      • 磁石:直径10mm程度のネオジム磁石(小さいものは未検証)
      • マジックテープ,輪ゴム:無くてもどうにかなるので未使用
    • ダンボール加工
      設計図はCardBoardのページから拾ってこれます.これをAmazonのダンボールに貼り付け
      IMG_0244
      切り取ります.
      IMG_0245
      このダンボールの加工が大変で,不慣れなのもあり2時間ほど掛かりました.
    • レンズ
      これがクセ者でGoogleが薦めてるやつは20ドル+送料取られます.推奨されてるのは焦点距離40mm程度の両凸レンズなので,これを自力で調達します.キモになるのは焦点距離が40mm程度であることです.これが異なると,ボケて何も見えなかったり,視野角が狭かったり,歪みが補正されず没入感が得られない可能性があります.

      とっとと40mmのを市販のルーペなり老眼鏡なりから調達したい所ですが,アイツらは焦点距離でレンズを語りません,ルーペなら**倍とか,老眼鏡やメガネはディオプタとかいう単位使ってます.詳しいことはググって出てきたページに任せますが,
      焦点距離の逆数がディオプタで
      倍率=250/焦点距離+1
      の関係だそうです.つまり私が欲しているのはディオプタが25のレンズか,7.25倍のルーペです.私は後者を選びました.
      ちなみに老眼鏡はいいとこ3.5くらいで,JINSで作ろうかと思いましたが,残念ながら25は範囲外のようです

      というわけでレンズを買ってきて(7倍のルーペ=焦点距離41.7mm)
      IMG_0242
      バラしました.
      IMG_0241IMG_0246
      また,レンズの大きさに合わせてダンボールに開ける穴もサイズを小さくしました.
      そして組み立てて完成.
      IMG_0247

  • 使う
    GoogleのCardboardアプリや,YouTubeにUPされているOculusRift用の動画で楽しみました.(後者はレンズの違いからか歪みが大きい)映像が頭の動きに追従し,OculusRiftで得られた没入感の一片(後述)を体験できました.これで満足です.
    IMG_0248
    レンズ越しに見たディスプレイ決定ボタンの代わりとなる磁石ですが,専用のものでなくとも磁石が入る凹みのあたりで動かせば認識してくれます.また,アプリで加速度は検知しても磁石を検知しない事が多々ありましたが,再起動で解決しました.
    装着感はまずまず,メガネと共存できません.なお,裸眼視力0.1程度の私の右眼は合焦しましたが,0.1以下の左眼は合焦せずボケたままでした.裸眼視力の悪い方は要注意.
    なお,鼻のサイズが日本人と違うからか,気になるほどではありませんが少し光が入ってきます.
  • 感じた
    • OculusRiftほど感動しなかった原因は?
      • 視野角が狭い
        私が使用したのは(ダンボール加工で穴を小さくした通り)推奨サイズより(おそらく)10mm程度小さい直径約20mmのレンズです.もうちょっと大きければ視野角が広くなり,さらに没入感を得られていたかもしれません.
      • 両手が塞がる
        「HMDで没入するときはね 誰にも邪魔されず(両手が)自由で なんというか救われてなきゃあ ダメだと思うんだ」
    • これから作る人に伝えたいこと
      • コンテンツが少ないよ?
      • レンズ探しがすげー面倒よ?
        メガネ,老眼鏡,ルーペ,カメラ用クローズアップレンズなどから探して,いい案あったら教えてください.サイズには気をつけて.
      • ぶっちゃけ買ったら?(だいたい45ドル程度で輸入できる模様)
      • 当然ながら,作ってて楽しい,とかじゃないと割に合わない

    何かミス,勘違いなどあればご指摘下さい.
    それでは良いCardboardライフを!


VADRUM storeでClassical Drumming購入

YouTubeあたりで有名らしいVadrumなる人のCD買いました.
本人のYouTubeのチャンネルはこちら

私は知らなかったのですが,マリオドラムで有名になったとか,

また私が知ったきっかけはラデツキー行進曲を検索したらHITしたため.

今回購入したアルバムはClassical Drummingというもの.
収録曲の一覧と視聴はAmazonのページで可能.
購入手順ですが,まず購入対象として2種類から選べます.

  • MP3ダウンロード購入(VADRUM store, Amazon)
  • CDを購入(VADRUM store)

ここからが本題でVADRUM storeでの購入について,というかユーザー登録の際について
必須の入力項目に”* TAX ID/SSN/VAT/ABN:”があります.
これはざっと調べたところ解釈が間違っていなければ日本では存在しないので私はnullと入力しました.
そのままユーザー登録と決済が完了し,商品も届いたのでおそらく問題ないと思われます.

そして価格はDL版ならVADRUM storeで9.00€,Amazonで1500円で
CDは12.00€(+送料で6.50€なので合計18.50€≒2000円超えるくらい).

 

 


ブログ開設しました。

6月頃から言ってましたがやっとブログを開設しました。

まだほとんど設定を変えてないのでおそらく色々変わります。

まだ何もないブログではありますが、よろしくお願いします。


スポンサーリンク
WPC-336 x 280
WPC-336 x 280