文具一覧

マルマン系メモ帳に使われている用紙「MPS」に関する疑問

概要

MPSとは「マルマン ペーパー シリーズ」の略で、マルマンの製品に使われている用紙のことです。
本ブログで取り上げているA7メモ帳ではノート用の「MPS-N」が使われていて、製品ごとに「60g/m²」とか「80g/m²」のように厚さが違います。

用紙の厚さについては本ブログでも取り上げたことがあります。

用紙そのものの説明は、以下のページに譲ります。
Marumanマルマン株式会社
http://www.e-maruman.co.jp/policy/mps/

製品-用紙早見表

メモパッド 図案 A7 MPS-N 70g/m²
エムメモ MPS-N 60g/m²
A7変型 メモパッド 特殊5mm方眼罫 MPS-N 80g/m²
メモパッド 3feet A7 MPS-N 60g/m²

ご覧の通りです。データ元ですが、エムメモ以外はマルマンの製品ページより、エムメモは本体記載の値です。

スペックだけを見るとエムメモと3feetは同じ用紙なので同じ使い勝手のように思えますが・・・

エムメモと3feetでインクの染み方が違う

見たほうが早いのでご覧ください。


※字が雑&なんちゃってフォントですみません。
※パラレルペン 1.5mm 黒で書いています。

両者ともに「MPS-N 60g/m²」のはずなんですが、エムメモの方が明らかにインクのにじみがあります。
また、乾くのは3feetの方が圧倒的に遅いです(たぶん染みてないからと思いますが)。

私は紙業界に明るくないため、コーティングがとか経年変化がとか、そういう要素を見落としている可能性もありえるので、何かご存知の方おられましたら是非教えてください。

というのも、買い集めたメモ帳全部で書き心地を比較しようと思った矢先に同じスペックのはずの紙で違う挙動が見えたため大変混乱しているからです。


A7メモ帳について 入手性について

お気に入りのメモ帳を見つけても、手軽に買えなければ意味がありません。
各メモ帳について、100%が私の主観で入手性をまとめました。

◎:店を選ばなくてもほぼ在庫がある
〇:ほぼある、万一なくても2~3店舗行けばある
△:ない場合がある
×:限られた場所でしか入手的ない、または流通していない

製品名 実店舗 通販
Rhodia ブロックロディア No.11
ProjectPaper プロジェクトステッチメモ
マルマン メモパッド 図案 A7
マルマン エムメモ ×
マルマン(ニーモシネ) A7変型 メモパッド 特殊5mm方眼罫
マルマン メモパッド 3feet A7 ×
Campus キャンパスメモパッド方眼罫70枚カットオフA7
新日本カレンダー 2face memopad Solid ×

すべてのメモ帳に言えることですが、通販はAmazonではなくヨドバシがオススメです。
Amazonはバラ売りしていなかったり配送料まわりで面倒な場合が多いですが、ヨドバシならバラで買えます。

個別の詳細は以下に続きます。

続きを読む


A7メモ帳について ページ数と価格と紙質

ロディアタイプのA7メモ帳を使う人ならばメモをして破っての繰り返しかと思います。
ならばページ数はコストパフォーマンスに直結する要素ですね。

というわけでページ数、価格、紙質と一番メモ帳で気にしたいところをまとめました。

製品名 値段(目安) ページ数 用紙 1枚あたりの価格
Rhodia ブロックロディア No.11 ¥200 80 80g/m² ¥2.50
ProjectPaper プロジェクトステッチメモ ¥230 70 ? ¥3.29
マルマン メモパッド 図案 A7 ¥150 80 MPS-N 70g/m² ¥1.88
マルマン エムメモ ¥100 100 MPS-N 60g/m² ¥1.00
マルマン(ニーモシネ) A7変型 メモパッド 特殊5mm方眼罫 ¥190 65 MPS-N 80g/m² ¥2.92
マルマン メモパッド 3feet A7 ¥140 80 MPS-N 60g/m² ¥1.75
Campus キャンパスメモパッド方眼罫70枚カットオフA7 ¥230 70 70g/m² ¥3.29
新日本カレンダー 2face memopad Solid ¥200 ? ? ?

※「?」が入っている部分は確認中です
※値段は参考価格で、税抜きです

個別の詳細は以下に続きます。

続きを読む


A7メモ帳について(カタログスペック編)

いま私が把握してるA7サイズメモパッド(ロディアNo.11互換形状)を比較表としてまとめました(随時更新します)。
※ショットノートなどマーカーが入っているものは除外しました
※ツバメノートのツバメモ ポケットサイズ SECTION(N8001)、Thinking Power Notebook のトランプ(TPN-TA7)は形状が異なるため除外しています

見ていただければ判りますが、それぞれに細かい違いがあります。例えば価格とページ数、これはコストパフォーマンスに直結します。コスパならマルマンのエムメモ(m.memo)が最強ですが、方眼用紙が若干薄い、表紙がやや破れやすい上に水に弱いなどの欠点もあります。

仕様に出てきにくい部分も含めて、以下を考えると良いと思います。

  • 入手性(通販では単価が高くなったりまとめ買い前提なため、非常に重要)
  • デザイン(色、光沢)
  • 表紙、背表紙の頑丈さ(折曲がりにくさ、耐水性)
  • コストパフォーマンス(値段とページ数)
  • 方眼の色(ロディアは濃い紫、ProjectPaperやマルマン系は薄い色)
  • 方眼が両面or片面
  • 方眼ページの破りやすさ
  • 万年筆、水性インクのシミ
  • 個体差(ミシン目の位置についてロットで上下が激しいか、など)

ショウエイドーと学研ステイフル以外は入手済みですので、そのあたり含めた使用感については簡単にレビューする予定です。

それでは表で比較してみましょう。

続きを読む


A7メモ帳について

A7サイズのメモ帳といえばロディアNo.11が有名です。

[amazonjs asin=”B00JO1IFLW” locale=”JP” title=”ロディア No.11 方眼罫 オレンジ 3冊セット cf11200″]

有名ということは他のメモ帳もあるということです。
日本国内だけでも相当な種類が流通しており、すべてを列挙することは困難です。
店頭や通販で比較的手に入れやすいものでもこれだけあります。

  • Rhodia(クオバディス・ジャパン
    • ブロックロディア No.11 オレンジ
    • ブロックロディア No.11 ブラック
    • ブロックロディア No.11 ホワイト
  • ProjectPaper(オキナ)
    • プロジェクトステッチメモ
    • プロジェクトステッチメモ 白
    • プロジェクトステッチメモ 黒
  • キャンパスメモパッド(キャンパス)
  • メモパッド 図案(マルマン)
  • m.memo(マルマン)
  • ニーモシネ(マルマン)

続きを読む


スポンサーリンク
WPC-336 x 280
WPC-336 x 280