naoki440一覧

KyashとLenovoショッピングの組み合わせを踏み抜いて大変な目に遭った話(追記あり)

シンプルに言うと

  • LenovoショッピングでKyashを使ってノートPC(約15万)を買った
  • 商品が出荷されるまで毎月2回請求(計30万)引き落とされる
  • 多重決済分は返金ではなくKyashポイント充足(60日後に行われる見込み)
  • 納期未定のため、放置すると毎月30万クレジットカードからKyashにチャージするところだった

追記(2020/09/01 18:47)

大きな反響があり驚いています。いくつか漏れていた点があるので追記します。

  • Lenovoショッピングはプリペイドカードを使うなと言っている
    • 私はコレを完全に見落としていました。というのも当時はKyashがプリペイドカードであるという認識がなかったためです(じゃあ何なんだと言われても、雰囲気で使っていたわけですね)
  • Lenovoに注文した当時は今みたいな納期未定ではなく出荷の見通しが立っていた
    • そういう意味でも不幸な事故という表現をしています
  • 私はクレジットカード関連の商習慣に疎いため、”あるべき論”については語る立場にありません(いち利用者としてのお気持ち表明はあります)
    • Kyashはカード会社までキャンセル送ってほしいなーとか
    • Lenovoはプリペイドカード使うなというなら入力段階でエラー出してほしいなーとか(可否はしらんけど)

はじめに

皆さんこんにちは、お得にお買い物してますか?
クレジットカードのポイント還元だったり楽天リーベイツのようなサイトのポイント還元、更にはKyashなんてありますね。

Kyashの詳細なサービスやビジネスモデル(こっちは詳しくないし・・・)については省略しますが、ようはクレジットカードの前段に置けるクレジットカード、クレジットカードを請求先として設定できるクレジットカードです。
端的に言うと、Kyashを使うと通常のお買い物からさらに1%ポイントが還元されると考えて差し支えありません。

この記事は、そのKyashとLenovoショッピング(に限らず似た挙動をとるシステムすべて)の組み合わせによって不幸な事故が発生したことを紹介するものです。
詳細は記事中で述べますが、両者のWebサイトやサポート窓口の回答の通りであれば発生しないはずの事象です。
しかし両者の言い分が食い違っていて、どちらかの回答やシステムの誤りの可能性があるのではないかと考えています。(私の気づいていない第三の理由を否定するものではありません)

といっても「加盟店とカード会社の言い分が矛盾するのはよくあること」(おーこわ)とも有識者から聞いたこともあり、私はどちらかを特定して糾弾したいわけでもないので事象の共有にとどまりたいと思います。

実際のところ私の泣き寝入りに近い状態ですが、特定するコストを払うまでのやる気はない。
むしろ調べてみて「仕様上のバグ」みたいなものを見つけたようで興味深いので共有する、のが動機です。 続きを読む


「ThinkPad トラックポイント キーボード II」にまつわるポエム(第一報)

レビューのサムネだけど<<持つもの>>アピールを逃さない

とうとう発売されましたね(ニチャア)、私の手元にも届きました「ThinkPad トラックポイント キーボード II」が。
久々のキーボード新製品で待望のUSB-A/Bluetooth両対応のうえスマホ用の切り替えもできるって神かマジで、勢いでポエム書くけど商品の基本的なところはすっ飛ばすからまずはShingi氏のこのレビューを読んどいてくれ。愛が重い。

ThinkPad TrackPoint Keyboard IIレビュー。徹底改良で「超良移植」に(訂正)(橋本新義) – Engadget 日本版

レノボ・ジャパンの2020年版ThinkPad製品発表会でともすれば主役たるノートPCの数々よりも注目されたかもしれない、小型無線接続キーボード『ThinkPad TrackPoint Keyboard II』(日本語配列版)をレビューします。

なお文中では「ThinkPad トラックポイント キーボード II」は長いので「TPKBD2」と呼ぶことにする。

CS09 X220やT420など、古くからある7段キーボードを搭載した最後の世代、EscやDeleteキーが大きい
55Y9003 「ThinkPad USB トラックポイントキーボード」CS09がベースとされる
CS13 X240など、いわゆる6段キーボード(正式名称:Precision Keyboard)の最初の世代
TPKBD1 旧製品「ThinkPad トラックポイント・キーボード」、CS13がベースと思われる
TPKBD2 今回ポエムを詠む「ThinkPad トラックポイント キーボード II」

納期

Lenovo製品といえば国内に拠点を持っているとは思えないほど注文から届くのが遅く(1か月くらいかな)だいたい海外からだ。まあこれは国内在庫を持たないようにしてるんじゃないかな。

でも今回は早かった、注文時に「1-2週間で出荷」とあったが実際のところはこんな感じ。

5月28日 木曜日 注文
5月29日 金曜日 領収書と納品予定日(2020/06/02)の通知
6月1日 月曜日 出荷
6月2日 火曜日 受け取り

いくらなんだって早すぎるだろ、5日じゃねーか。どうも東京都の「Lenovo配送センター」なる場所から届いている、そりゃー早いわけだ。

おいおい日本に在庫持ってるじゃないかと思うじゃない?というのも公式の告知を見ていると日本語配列(これを買った)は在庫を確保だったか用意してるかだったか言及していた。エンジニア御用達のUS配列を注文した人から話を聞くと、だいたい7月頭(1か月ちょっとの納期)に届くようだ。サンキューレノボ

外観

キーボード表(上:新製品、下:旧製品) 歪んでるのはすまん、同じようでいてわりと違う

キーボード裏(上:新製品、下:旧製品) こっちもぱっと見同じだがちょっと違う

打鍵感

TL;DR こう言っちゃ悪いがフニャフニャしていて私の好みではない。

「押し込むとしっかりとした抵抗があって、その後ストンと落ちる」のが好みであって、かつてのX220やT420などCS09のキーボードや、そのアセンブリを使っているであろう55Y9003/55Y9024などであり、MNB製が理想である。

なぜMNB製としたか、諸兄もご存知の通りCS09世代のキーボードアセンブリはMNB(ミネベア)、Chicony、ALPSの3ベンダーが製造しており打鍵感が微妙に違う。だいたいMNB>ALPS>>Chiconyなんて言われていたような気もするがそこは個人の好みである。現に私はALPSのものを使ったことがない、Chiconyはフニャフニャしていて嫌いだ、あまりにも辛すぎてキーの中のラバーカップだけ使い終わったMNBから移植していた。「使い終わったMNB」ってなんだと思うかもしれないが、ThinkPadのキーボードアセンブリだって1年くらいがっつり使ってるとヘタるため交換していたからだ。

また55Y9003系はキーボードアセンブリのベンダが(おそらく)MNB固定であるため打ち心地が特にいい。(まあ、55Y9003系は筐体自体が軽かったり剛性が微妙なので勢いよく打ち込むとビヨンビヨンなる、そこが嫌いな人は多いみたいだが私は許容できた。

次点として旧製品、X240などCS13世代で使われたキーボードアセンブリがベースであろう。これはキーを押し込む感じもそこそこ良いし、鉄板が仕込んであるので筐体の剛性も底打ち感も申し分ない。旧7段配列でなく6段配列(Precision Keyboard)であるのが本当に辛いが。時代には逆らえない。

話を戻そう、このTPKBD2だが筐体の剛性は申し分ない一方で内部のラバーカップがイケてないからか打鍵感がフニャフニャするのだ。そう、かつてのChiconyのように。これがどうにも好きになれない。繰り返しになるが、筐体が重く剛性がある(まだ分解していないが、旧モデルを鑑みるに鉄板あたり入っているのではないか)ので”底打ち感”っぽさはあるんだが、底に当たる瞬間に若干クッションに当たるような感覚がある、好みの問題だろうがこれも好きにはなれない。

おそらくであるが、(ベースとなっているであろうキーボードを鑑みるに)キーストロークが旧製品のそれより0.2-0.3mm程度浅くなっているはずだが、違いはそこまで感じられない。これは朗報だ。

さて話をまとめよう

押し込み感 剛性 底打ち感
CS09
55Y9003 × ×
CS13
TPKBD1
TPKBD2 × ×

※まあさらに言うとCS09世代でもX系とT系で剛性に違いがあるからTのほうがいいよマジで

クリックパッド

ここ一番書きたかったのにもう夜じゃん、また明日書くから待ってくんろ

TBD

書く気力なくなっちゃった・・・

(いまのところの)結論

散々disちゃったから先に結論から書いておくよ、結果的には(今のところは)無線キーボードとしてよく出来てると思うし、ポインティングデバイスを搭載したキーボードってそれだけで便利なんだよ例えばRaspberry Piのセットアップの時とか一個USBデバイス挿せばいいじゃん?というわけで公式でクーポン来たら買おう、定価(約15k)は高すぎる。あと楽天リーベイツ経由で買うとさらにいいんじゃないかな?あーそのうちアフィリンク貼るか~。

あと変なこと書いてたらぜひ教えてください、過去の話とかミスると超恥ずかしいので


二段階認証でよくあるAuthenticatorのPythonによる実装

概要

MicrosoftやGoogle、AmazonやTwitterのログインで使える6桁の二要素認証用のパスワードですが、ふと思い立ったのでAuthenticator(↓こんなやつ)をPythonでアルゴリズムだけ実装してみました。

仕組み

ワンタイムパスワードが30秒ごとに切り替わっていることからも推察できるように、アルゴリズムは時間ベースのワンタイムパスワード(TOTP)です。

なおシークレットと時間の処理にはHMACベースのワンタイムパスワード(HOTP)を使います。

すみませんが、日本語による詳細な説明は参考文献に任せます。

コード

上記のコードはシークレットが”12345678901234567890″かつタイムカウンタが0のときの結果を出力します。これはHOTPについて記述されているRFC4226のAppendix DのTest Valuesにあわせたものです。実行結果は以下。

各々の値で試したい場合はBASE32に記述されたシークレットはsecret_b32に、time_counterをunixtimeベースの処理にコメントを付け直してください。

数パターンしか試してないですが、たぶんこれで動きます。不具合あったら教えてください。

参考


M5StickVでQRコードを読ます

概要

  • M5StickVのプログラム練習でQRコードリーダーを写経した
  • MaixPyのサンプルと違う点(M5StickV固有の問題、原点のズレと液晶とカメラの向きの違い)がある

書いたコードと説明

QRコード読み取り自体はライブラリを呼べばいいだけですが、MaixPy公式のQRコードリーダーサンプルそのままでは動きません。
(参考: M5StickV での QRコード認識
おそらくは、M5StickVはK210を搭載しているものの純正の評価ボードではないためMaixPyのドキュメントそのままでは動作しないのでしょう、購入時に入っているboot.pyを参考に書き換える必要があります。

1つめは「lcd.rotation(2)」です。カメラの入力をそのままLCDに出力するとひっくり返った画像が表示されます。おそらくはLCDとカメラの物理的な実装の向きが一致していないためでしょうか?
※QRコードは本体を縦にしてスキャンしました。上の写真はそれを横にして撮影しています。
※写真のように横にした状態で、原点は左上にあります。

2つめはLCDにおける原点の位置です。上記コードの26行目で赤色の矩形を描画していますが座標が(40,53)であるにも関わらず写真では原点のように見えます。逆に原点から矩形を描画すると見かけ上の原点からは描画されません。これも何かの都合でズレているのでしょう。

個体差があるのかなどは判りませんが、私のモノでは矩形は(40,53,240,134)と覚えておきます。
実は変な使い方をしていて、原点は(0,0)だという使い方ができればぜひご指摘ください。

原因?(追記)

カメラの解像度がQQVGAなので320×240で、M5StickVのディスプレイ解像度が240×135です。

整理すると、カメラで取得した「img = sensor.snapshot()」のimgは320×240のオブジェクトの可能性が高いです。
それを240×135を表示するにあたり原点から描画ではなく、中心をあわせたうえで周辺をカットしているとすれば納得がいきます。

カメラの解像度(320×240) – ディスプレイ(240×135) = カットされる領域は横80,縦105
カメラ画像とディスプレイの中心で合わせているなら原点は(40,52.5)、これで計算が合いました。


M5StickVを買った

M5StickV

最近Twitterでよく目にするM5StickVを買いました。M5Stackなら聞き覚えはあったのですが、四角いStackではなくStickシリーズのひとつです。

液晶やボタンに加えて立派な筐体、カメラやバッテリー内蔵とくれば色々なことに使えそうですね。

使われているSoCStackESP32ではなくRISC-VKendryte K210)というのがワクワクしますし、開発もPythonでできるので面白そうなので買ってみました。完全に勢いでしたが、面白そうな使い道を思いついたので今後試してみます。

開発環境とか

使えるのはMaixPyというやつで、MicroPythonのK210への移植版。

StickV側のUSB Type-CポートとPCを接続すれば、シリアル通信デバイスとして認識されます。(多分デモプログラムが実行されているはずなので、この画面からCtrl-Cで終了するとPythonのインタラクティブシェルが見えます)

公式のガイドではputtyを使っていますが、もちろんシリアル叩けるツールならなんでもいいはず、私はTeraTermを使いました。(レートは115200)

↑公式のHelloWorldコードを実行した図で、今日はここまで。

参考情報


マルマン系メモ帳に使われている用紙「MPS」に関する疑問

概要

MPSとは「マルマン ペーパー シリーズ」の略で、マルマンの製品に使われている用紙のことです。
本ブログで取り上げているA7メモ帳ではノート用の「MPS-N」が使われていて、製品ごとに「60g/m²」とか「80g/m²」のように厚さが違います。

用紙の厚さについては本ブログでも取り上げたことがあります。

用紙そのものの説明は、以下のページに譲ります。
Marumanマルマン株式会社
http://www.e-maruman.co.jp/policy/mps/

製品-用紙早見表

メモパッド 図案 A7 MPS-N 70g/m²
エムメモ MPS-N 60g/m²
A7変型 メモパッド 特殊5mm方眼罫 MPS-N 80g/m²
メモパッド 3feet A7 MPS-N 60g/m²

ご覧の通りです。データ元ですが、エムメモ以外はマルマンの製品ページより、エムメモは本体記載の値です。

スペックだけを見るとエムメモと3feetは同じ用紙なので同じ使い勝手のように思えますが・・・

エムメモと3feetでインクの染み方が違う

見たほうが早いのでご覧ください。


※字が雑&なんちゃってフォントですみません。
※パラレルペン 1.5mm 黒で書いています。

両者ともに「MPS-N 60g/m²」のはずなんですが、エムメモの方が明らかにインクのにじみがあります。
また、乾くのは3feetの方が圧倒的に遅いです(たぶん染みてないからと思いますが)。

私は紙業界に明るくないため、コーティングがとか経年変化がとか、そういう要素を見落としている可能性もありえるので、何かご存知の方おられましたら是非教えてください。

というのも、買い集めたメモ帳全部で書き心地を比較しようと思った矢先に同じスペックのはずの紙で違う挙動が見えたため大変混乱しているからです。


A7メモ帳について 入手性について

お気に入りのメモ帳を見つけても、手軽に買えなければ意味がありません。
各メモ帳について、100%が私の主観で入手性をまとめました。

◎:店を選ばなくてもほぼ在庫がある
〇:ほぼある、万一なくても2~3店舗行けばある
△:ない場合がある
×:限られた場所でしか入手的ない、または流通していない

製品名 実店舗 通販
Rhodia ブロックロディア No.11
ProjectPaper プロジェクトステッチメモ
マルマン メモパッド 図案 A7
マルマン エムメモ ×
マルマン(ニーモシネ) A7変型 メモパッド 特殊5mm方眼罫
マルマン メモパッド 3feet A7 ×
Campus キャンパスメモパッド方眼罫70枚カットオフA7
新日本カレンダー 2face memopad Solid ×

すべてのメモ帳に言えることですが、通販はAmazonではなくヨドバシがオススメです。
Amazonはバラ売りしていなかったり配送料まわりで面倒な場合が多いですが、ヨドバシならバラで買えます。

個別の詳細は以下に続きます。

続きを読む


A7メモ帳について ページ数と価格と紙質

ロディアタイプのA7メモ帳を使う人ならばメモをして破っての繰り返しかと思います。
ならばページ数はコストパフォーマンスに直結する要素ですね。

というわけでページ数、価格、紙質と一番メモ帳で気にしたいところをまとめました。

製品名 値段(目安) ページ数 用紙 1枚あたりの価格
Rhodia ブロックロディア No.11 ¥200 80 80g/m² ¥2.50
ProjectPaper プロジェクトステッチメモ ¥230 70 ? ¥3.29
マルマン メモパッド 図案 A7 ¥150 80 MPS-N 70g/m² ¥1.88
マルマン エムメモ ¥100 100 MPS-N 60g/m² ¥1.00
マルマン(ニーモシネ) A7変型 メモパッド 特殊5mm方眼罫 ¥190 65 MPS-N 80g/m² ¥2.92
マルマン メモパッド 3feet A7 ¥140 80 MPS-N 60g/m² ¥1.75
Campus キャンパスメモパッド方眼罫70枚カットオフA7 ¥230 70 70g/m² ¥3.29
新日本カレンダー 2face memopad Solid ¥200 ? ? ?

※「?」が入っている部分は確認中です
※値段は参考価格で、税抜きです

個別の詳細は以下に続きます。

続きを読む


A7メモ帳について(カタログスペック編)

いま私が把握してるA7サイズメモパッド(ロディアNo.11互換形状)を比較表としてまとめました(随時更新します)。
※ショットノートなどマーカーが入っているものは除外しました
※ツバメノートのツバメモ ポケットサイズ SECTION(N8001)、Thinking Power Notebook のトランプ(TPN-TA7)は形状が異なるため除外しています

見ていただければ判りますが、それぞれに細かい違いがあります。例えば価格とページ数、これはコストパフォーマンスに直結します。コスパならマルマンのエムメモ(m.memo)が最強ですが、方眼用紙が若干薄い、表紙がやや破れやすい上に水に弱いなどの欠点もあります。

仕様に出てきにくい部分も含めて、以下を考えると良いと思います。

  • 入手性(通販では単価が高くなったりまとめ買い前提なため、非常に重要)
  • デザイン(色、光沢)
  • 表紙、背表紙の頑丈さ(折曲がりにくさ、耐水性)
  • コストパフォーマンス(値段とページ数)
  • 方眼の色(ロディアは濃い紫、ProjectPaperやマルマン系は薄い色)
  • 方眼が両面or片面
  • 方眼ページの破りやすさ
  • 万年筆、水性インクのシミ
  • 個体差(ミシン目の位置についてロットで上下が激しいか、など)

ショウエイドーと学研ステイフル以外は入手済みですので、そのあたり含めた使用感については簡単にレビューする予定です。

それでは表で比較してみましょう。

続きを読む


A7メモ帳について

A7サイズのメモ帳といえばロディアNo.11が有名です。

[amazonjs asin=”B00JO1IFLW” locale=”JP” title=”ロディア No.11 方眼罫 オレンジ 3冊セット cf11200″]

有名ということは他のメモ帳もあるということです。
日本国内だけでも相当な種類が流通しており、すべてを列挙することは困難です。
店頭や通販で比較的手に入れやすいものでもこれだけあります。

  • Rhodia(クオバディス・ジャパン
    • ブロックロディア No.11 オレンジ
    • ブロックロディア No.11 ブラック
    • ブロックロディア No.11 ホワイト
  • ProjectPaper(オキナ)
    • プロジェクトステッチメモ
    • プロジェクトステッチメモ 白
    • プロジェクトステッチメモ 黒
  • キャンパスメモパッド(キャンパス)
  • メモパッド 図案(マルマン)
  • m.memo(マルマン)
  • ニーモシネ(マルマン)

続きを読む


スポンサーリンク
WPC-336 x 280
WPC-336 x 280